夏野菜の準備・植え付け

夏野菜

夏野菜の植え付け時期

関東以西の地域では、露地栽培※では基本的に夏野菜の植え付けは4月中旬からゴールデンウィーク頃(霜が降りる心配がなくなる頃)が目安となります。

※露地栽培(ろじさいばい)・・・ハウス内ではなく、外で野菜を育てること。

夏野菜は霜にとても弱いので、霜に当たってしまうとせっかく用意して植えつけた苗が一晩で枯れてしまうこともあります。

自然災害の被害にあった米農家のイラスト

植え付けが遅すぎると収穫期間が短くなってしまいますが、早過ぎると霜に当たって枯れてしまうという可能性もありますので、関東以西では、やはり霜の心配の無い4月中旬~5月上旬くらいが適期だと思います。

ちなみに、息の白くなる目安ですが(湿度も関係しますが)、10℃ほどで口から吐く息が白くなります。鼻息が白くなるのは3℃以下と言われています。

早朝、息が白かったらまだまだ寒い(夏野菜には厳しい寒さとなる)ので夏野菜の植え付けは避けましょう。

寒い外のイラスト

ホームセンターでは3月下旬ころから夏野菜の苗が販売され始めますがすぐに植え付けてしまうと霜の心配がありますので注意してくださいね。

夏野菜の畑の準備

夏野菜の植え付けの2ヶ月前ぐらいには畑の準備をしておきたいところです。

土作りの際に、堆肥や肥料・石灰などを入れる方がほとんどだと思います。

畑やプランターに入れる堆肥や肥料が完全に熟しているものだといいのですが、土中で野菜の根が伸びるときに完熟していない堆肥や肥料に当たってしまうと野菜の根がダメージを受けてしまい順調に育たなくなってしまう可能性が出てきます。

そのため、2ヶ月ほど前から畑に堆肥・肥料を入れておいて、1週間~2週間に一度、混ぜてあげると堆肥や肥料の分解が良く進み、根がダメージを受けることが少なくなります。

元気な木のキャラクター

夏野菜の寒さ対策

夏野菜の植え付け当初は最高気温が20℃前後となる日も多いので成長が遅く感じるかもしれません。

プランター栽培をされている方は、割り箸を4本、野菜の周りにさして、そこに底を破いた買い物袋をピンと張ってかぶせておくと熱がこもりやすくなって成長が早まります。日中25℃を超えるようになると必要なくなりますので、その袋を外すようにしましょう。

わずかな温度・地温の違いですが、そのわずかな温度の違いでも野菜は反応して早く大きく成長してくれます。

また、水やりも早朝に冷たい水をかけるのではなく、ジョロなどに汲み置きしておいて、日中、太陽の光で温めておいたものをかけるようにすると水やりによる地温の下降もわずかで済みます。収穫を少しでも早く楽しみたい方はぜひ参考にされてみてください。

ガーデニングのイラスト「水やりをする女性」

 

コメント