モーグル西伸行が旭日旗っぽいニット帽子で謝罪。画像を見たファンからは謝罪不要の声。

スポーツ

日本時間2月9日、ついに平昌オリンピックが開幕しました!

しかし、フリースタイルスキー男子モーグルの選手である西伸行選手が選手村で旭日旗のデザインのニット帽をかぶっていたとして韓国メディアが報じ、西選手が謝罪するという事態になっている。

その問題の帽子の画像を入手しました。

韓国メディアが報じた西伸行選手の帽子

右側が西伸行選手。

うーむ、まぁ確かに旭日旗をイメージしたと言わればそうは見えますけども、何も言われなければフツーのおしゃれなニット帽という感じですがね^^;

西選手本人は全くそのつもりはなかったようですね。以下が西選手の謝罪の言葉です。

スイスで買った帽子だった

男子モーグルの予選を終えた西伸行選手は、その後、取材に応じ、

スイスで買った帽子で、悪いという認識はなかった。いろいろなところで迷惑をかけて申し訳ない

と謝罪しています。

うーむ、いろいろ言われたら、まぁ色々と言いたいでしょうけども、オリンピック期間中ですし謝罪するしかないですよね。

 

西選手の予選の結果

西選手の予選の結果はどうだったかといいますと、上位10人に入れば、準々決勝進出だったのですが、16位となり、準々決勝前に行われる予選二回目に回りました。

 一方、遠藤尚は13位、西伸幸選手は16位で、上位10人に入ることができず、準々決勝の前に行われる2月12日(月)19時30分から行われる予選2回目に回りました。

JOCからも注意を受ける結果に

日本オリンピック委員会(JOC)のは、韓国側の報道を受け、西選手に『誤解を招く服装は慎むように』と注意したと報じられています。

まだ西選手のオリンピックが終わる前に、怒られたら試合に集中できないだろ・・・。と思ってしまいますよね。オリンピック選手ですから並大抵のメンタルではないでしょうから、これぐらいで凹まないとは思いますけどね!

ネットでは過剰反応しすぎでは?の声ばかり

この報道を受け、ネットの声は、

・日本も言われっぱなしじゃなく、抗議するべき事は抗議した方がいい。
バスが遅れたり、暖房が壊れてたりしたらしいし。大事なトップアスリートに何してくれてんねんて話やん。
選手が不憫でならない。

・悪意も無く、単純にデザインが気に入って購入したぐらい誰でも分かるだろうけど、それを指摘するのは病気だ。

・西、かわいそう。ビョーキな人たちに負けないでね。

・別に悪いことしてないよ。でもまぁスポーツ選手にとっては自分の得点にいささかでも影響あれば悪材料なのかもしれないけどね

・十字架を見てクロイツハーケンに似ている、だから使うなって言うくらい狂ってると思う。
もしウォーリーの作者が日本人だったら、あの服装にも文句つけるんだろうなぁ。

・そんな事で評価が変わるのは演技以外のなにかが働く事になるのではないですか。
オリンピックの名に恥じない採点をして貰いたい!

・西選手応援したくなった

まとめ

西選手にしたら思ってもいない逆風だと思われますが、モーグルのコブみたいにうまくかわして、予選二回目に期待したいところですね!

平昌オリンピックは開幕前から政治色が強いと言われていましたがさっそくきましたね^^;

モーグルは採点もある競技ですので、今回の西選手の帽子の件により採点が低くなるということは無いと信じたいところです。

コメント