夏野菜 苗の育て方

夏野菜

この記事は、家庭菜園をされている方向けに書いています。【夏野菜 苗の作り方、水のやり方】の記事で、トレイでの発芽の方法を書きました。

夏野菜を長期間収穫するには

4月に入り最高気温が20℃を越えるようになると温床でなくても発芽しますが、長期間収穫するには1月下旬~2月中旬頃までに温床で発芽させてポリポットで苗を育てたほうが良いです。

もし、温床がない場合は、ホームセンターで苗を買うことをおすすめします。4月中旬くらいから販売されています。

植物の苗のイラスト

ポリポットでの生育

温床で発芽させ、セルトレイからポリポットへ移す時期は、まだ寒い2月下旬~3月くらいになると思います。まだ苗が小さい時期に霜に当ててしまうとうと枯れてしまうので注意しましょう。

ポリポットへ移したら、セルトレイよりも場所を取るようになります。陽のあたる家の中や縁側で保管できる方は、その上にビニールトンネルをしましょう。日中は30℃を超えないように気をつけてください。

家に置くスペースが無い方は外に置くしかありません。その際は、霜に当たってしまうと枯れてしまいますので注意が必要です。透明のビニールトンネルを2重も3重にもして冷気が入ってこないようにガッチリと保護してあげてください。日中は熱くなりすぎないようにビニールトンネルを開ける。夕方になったらビニールをガッチリと閉じてください。

寒い外のイラスト

ポリポットへの水やり

ポリポットで苗を育てる時期は、まだ気温が低いです。日中に太陽の光が当たってポリポット内の地温が上がっているところに冷たい水をかけてしまうと苗がびっくりして成長が鈍ります。最悪の場合、枯れてしまうかもしれません。

20~30℃程度に温めた水を与えることをおすすめします。間違っても冷え切った水道水を与えるのはやめましょう。

水を与えるタイミングは、寒い時期は日が昇り始めた頃が理想的です。早朝だと日が出るまで地温が上がらないため、長時間ポット内の温度が低くなってしまいます。地温が下がる時間を少なくするように意識して水やりをしましょう。

ガーデニングのイラスト「水やりをする女性」

野菜の特性を意識して栽培する

とまと・ミニトマト・なす・きゅうり・ピーマンなどの代表的な夏野菜は25℃~30℃で元気に成長する野菜です。冬の10℃前後の気温は得意ではありません。

寒い外のイラスト

逆に、にんじん、白菜、キャベツなどの冬野菜は、0℃以下になっても平気ですが、25℃~30℃を超える日が続くと調子が悪くなってしまいます。

夏バテのイラスト「外回りのOL」

野菜の特徴をよく考えて、その野菜が快適に過ごせる時期を見越して、種まきをして、快適に育ててあげることがおいしい野菜を収穫できるコツです。

コメント