【移籍】松井大輔の移籍先ポーランド2部オドラ・オポーレってどんなチーム?調べてみた。

元日本代表でJ1磐田の松井大輔が、ポーランド2部のオドラオポーレに完全移籍することがわかった。

もともと海外志向が強く、海外7クラブを渡り歩いた松井がJリーグに復帰したのは2014年。現在は、若手の台頭や新戦力の加入などで今季出場は7試合にとどまっていた。

この記事では、日本では馴染みの薄い、ポーランド2部のオードラオポーレを調べてみました。

プロフィール

松井 大輔
名前 松井大輔 (まつい・だいすけ)
生年月日 1981年5月11日(36歳)
身長/体重  175cm/66kg
出身地  京都府

出典:ジュビロ磐田公式 HP

http://www.jubilo-iwata.co.jp/

ポーランドリーグって?

欧州でもスペインやイタリア、ドイツなどのサッカー情報は入ってきますが、ポーランドのサッカー情報はなかなか日本には入ってきませんよね。

日本のサッカーリーグ1部が、「Jリーグ」、スペインのサッカーリーグが「リーガエスパニョーラ」イタリアは「セリエA」と呼ばれるように、

ポーランドのサッカーリーグ1部は、「エクストラクラサ」と呼ばれています

現在、1部のエクストラクラサには16のクラブが参加している。

松井が移籍するのは、このポーランドの2部リーグに所属するオードラ・オポーレ。

オードラ・オポーレ

松井選手が所属する、オードラ・オポーレのチーム紋章です。

設立は1945年。ホームタウンはポーランドの南西部に位置するオポーレ。

スタジアムの観客収容人数は5,500人と非常に小さなクラブチームのようです。

すでに、松井選手の移籍がオードラ・オポーレ公式HPで公開されています。

オドラオポーレ公式HP http://www.oksodraopole.pl/

この年齢で無謀と思われるかもしれませんが、

松井選手がジュビロ磐田公式HPで発表したコメント全文です。

この度、ポーランドリーグ2部のチームに移籍することが決まりました。シーズンの途中でこのような報告をすることになり、心苦しいところもありますが、いま勢いのあるジュビロをみて、僕もつぎに進みたいと思い決意しました。

ジュビロで過ごした3年半、とても楽しくサッカーすることができました。チームの雰囲気はアットホームで居心地よく、サポーターの方々も温かかったです。静岡という土地も大好きです。監督をはじめスタッフのみなさん、サポーターのみなさんには感謝しかありません。

この年齢での海外移籍は、無謀と言われるかもしれませんし、失敗するかもしれませんが、挑戦すること、挫折することは自分の財産になると僕は思っています。
自分の道は誰も歩めない。
前進あるのみ。

過去にポーランドリーグ1部にいた日本人選手

奥野将平

加藤恒平

斉藤誠司

直川公俊

(松井選手も2013年にポーランド1部レヒア・グダニスク一年間所属していました。)

まとめ

色々と調べましたが、ポーランド2部リーグとのことで本当に情報が少なかったです><

松井選手の活躍により、注目が集まって情報が色々と入ってくるようになるかもしれませんね!松井選手の活躍に期待しています。

松井選手の磐田所属は8月5日のJ1広島戦が最後となり、試合終了後、松井選手本人から挨拶が行われる予定となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする