日本マラソンの賞金額を調べてみたら衝撃を受けた!設楽悠太選手の日本新記録には一億円!

陸上

2018年東京マラソンを2位でゴールした設楽悠太選手が、日本新記録の2時間6分11秒

でゴールし、一般社団法人日本実業団陸上競技連合が主催する”Project EXCEED”の、”マラソン日本記録突破報奨制度”により1億円が渡されることとなった。

画像出典元:https://www.nikkansports.com/

「一億円ももらえるの!?」と驚いた方も多いと思います。そこで、この記事では日本で開催されている主要な男子マラソンレースの賞金額を調べてみました。

日本のマラソンの賞金

今回、設楽選手が獲得した1億円は、レースで2位に入ったらかもらえたという賞金ではなく、”日本記録を更新した”ということでもらった褒賞金である。

マラソン日本記録「突破」褒賞制度

日本実業団連合が、2020年の東京オリンピックに向けて、日本陸上界全体の盛り上がりや選手の能力の底上げ・スター選手の排出を目的として、”Project EXCEED”という取り組みを始めました。

そのプロジェクトの中に、

日本新記録更新 選手 1億円(同一レース下位での突破の場合は1000万円)

日本新記録 監督・チームには 5,000万円(同一レース下位での突破の場合500万円)

という制度があり、今回、設楽選手が2位で日本記録を更新したので1億円が報奨金として与えられることになったようです。

1億円という金額は、話題性抜群ですし、さまざまなメディアに取り上げられ、さっそくこの”Project EXCEED”の効果が出始めましたね! 

それでは、この設楽選手が2着に入った東京マラソンの賞金はいくらだったのでしょうか?

2020年に繋がる、男子マラソンの選考レースとなる5レースを調べてみました。

東京マラソン賞金

【1~5位までの賞金額】

1位 1,100万円

2位 400万円

3位 200万円

4位 100万円

5位 75万円

世界記録更新した場合は、3,000万円(※男女1位のみ)

男子の世界記録は、ケニアのデニス・キメット選手が持つ、2時間2分57秒(2014年)

北海道マラソン

調べたところ・・・

なんと!

0円!!

おいおい、マジかよ。。

びわ湖毎日マラソン

こちらも調べたところ・・・

なんと!

0円!!

福岡国際マラソン

0円!!

のようです。

別府大分毎日マラソン

0円!!

外国人招待選手の報酬額

日本で開催される国際マラソン大会となると、有名な外国人選手を招待していますが、その選手たちへは、選手たちへのレベルによって、数十万円~数百万円が支払われているようです。

日本人選手不遇すぎるだろ

2020年東京オリンピック男子マラソン代表へと繋がる選考レースとなる5大会の小金額を調べてみましたが、東京マラソン以外はどうやら0円のようです。

これでは確かに”Project EXCEED”で日本記録更新1億円ぐらい出ないとね、とは思いますよね。

まとめ

日本のマラソンはプロスポーツではないので日本人選手たちへは賞金はないのかもしれませんが、これでは夢がない気がしてしまいますね。”Project EXCEED”では、日本記録更新で1億円となっています。

しかし、レース展開や気候などによってはタイムも期待できないこともあるでしょうし、日本記録更新狙いだけで稼ぐとなるとなかなか厳しいのかもしれませんね。

コメント