農作物の販売先の見つけ方

販売

生産した野菜のすべてを青果市場に持って行ったり、組合いなどに入ってそちらにすべて野菜を卸すという方よりは、自分で販売先を見つけて販売するという方向けに書いていきます。

自分のスタイルを見つける

私は青果市場には野菜を卸していません。

大規模に生産されている農家さんは青果市場などで一気に売りさばいて、空いた土地にすぐ別の作物を植えて。としていったほうが効率的だと思います。薄利になってしまうかもしれませんが、それでもどんどん回していくほうがいいのかもしれません。

私は、超小規模なので、薄利で高回転で回すということを考えていません。

少品種大量生産か、多品種少量生産か、ここで農家としての販売スタイルが変わってくると思います。

スタイルに合わせて販売先も決める

少ない面積・少ない資本で回していこうと思っているので、育てた野菜は私もお客さんも納得できる価格で販売していこうと決めております。

お客さんに直接といっても、お客さんとは個人に直接ではなく、飲食店です。

お店の建物のイラスト

農家の販売先としてお客さんと言って考えつくのは、たくさん買い取ってくれる順番としては、青果市場・給食センター・直売所・飲食店・個人宅など、こういったところでしょうか。

私の育てる野菜の大半は飲食店に持って行っています。

飲食店の規模にもよるかもしれませんが、私が販売させてもらっている飲食店は「○○千円以上だと直接配送します。」と契約しているので、ある程度の量をご注文いただくようにしています。

飲食店なのですぐに料理として出されるので、形に対するこだわりは少ないです。(もちろん形がいいことに越したことはありません)。私の出荷しているお店は、形・見た目よりも、とにかく美味しければOKというお店ばかりです。

青果市場だと見た目がすべてと言っていいと思います。

花の競り・競売のイラスト

私は、農薬や化学肥料を使わずに育てているので、多少の虫食いや小ぶりだったりとう野菜もあります。しかし、飲食店ではそういったことよりも味のほうが重要視されるので全く問題ありません。

自分の野菜の販売先がどこに向いているのか、そこをよく考えていただいて今後の参考にしていただけたら、と思います。

どうやって売り込むのか

それでは飲食店へ出荷するようになった経緯をお伝えしたいと思います。

私は、新しい土地・知り合いのいない土地で就農しました。

私の悪い癖で、フライング気味に農業を始めてしまったので、売り先など全く決まっておりませんでした。

私の農業規模を考えたときに、青果市場に出荷をすれば経営が成り立たないので、小規模面積でも利益が出て、尚且つ、継続的に安定的に野菜を買っていただく飲食店をお客さんにしようと決めました。

とにかく突っ込んでみる

飲食店に出荷しよう!と決めたのですが、知り合いのいない土地ですので、飲食店を紹介してくれる伝もコネもありません。

そこで、インターネットで「○○市 野菜 飲食店」などで検索してみました。

すると、わりと近くに野菜料理にこだわりを持っているお店がヒットしました。

お店の住所を調べて、あとは私の野菜を持って突っ込んでいくだけです笑

電話でアポとって「○時にお伺いします」だと遠まわしに断られる可能性があるので、私に残された選択肢は、野菜を持って突撃のみです。

飲食店は、「15時頃が、お昼のお客さんもいなくなり、夜営業までまだ時間があるので比較的ゆっくりしている」ということを友人から聞いたことがあったので、その時間を狙って行きました。

野菜農家のイラスト(農業)

野菜を持って、A4紙1枚に「種の品種、使っている肥料、栽培方法、こだわり、自分の自己紹介」を書いて行きました。(たくさん資料を持って行っても読んでくれなければ意味がないので、書いている内容は読みやすさを考え、箇条書きにしました)

さすがに、お店のドアを開ける瞬間は震えました。「断られたらどうしよう、いきなり野菜を持ってくるなんて普通じゃないよな。」など、色々と考えましたが、アレコレ考えても次に進まないですし、ダメだったらまた次の手を考えればいいだけです、私は扉を開けました。

つづきはコチラ

コメント