【農家直伝!】ピーマンの苗選びのコツ 適当に選んでいませんか??

野菜苗

【農家直伝!】ピーマンの苗選びのコツ 適当に選んでいませんか??

 

ピーマンの苗が販売される時期

ホームセンターや種苗屋さんでピーマンの苗の販売されている時期は3月下旬~5月中旬くらいまでです。

霜の降りる気配が無くなり、じゅうぶんに気温の上がったゴールデンウィーク前後に植え付けのが基本の時期となります。そのため、4月の週末になるとホームセンターの苗コーナーはたくさんのお客さんで賑わっていますね。

どれを選んだらいいの!?オススメの品種は!?

ピーマンの種類は多い

現在はピーマンだけでも何種類もの品種があるので、どの品種の苗を購入していいのか迷ってしまいますよね。

私は自分で苗を育てているのですが、やはりホームセンターの苗の育ち具合いも気になるので4月になるとよくホームセンターの苗コーナーを覗きに行きます笑

本当にたくさんの種類がありますよね。

オーソドックスな緑色のピーマンでも肉厚・細め、鈴型などなど。肉厚ピーマンの中でもさらに細分化されていて、緑色のピーマンだけでも5種類ほどあるかもしれませんね。

さらにはピーマンの仲間であるパプリカ・カラーピーマン・ししとう・トウガラシなどを含めると、それはそれは恐ろしい種類が並んでいますよね笑

品種に迷ったら、ここを見よう!

もし、農家の私がホームセンターで苗を買うとしたら、まず一番に見るところは、病気に強い品種かどうかです。

値段が表示されているカードや値札に、【○○○耐病性】などと表示されている苗があると思います。

値段だけではなく、苗の品種の説明書きを意識してみてください!

せっかく汗水流して、手間ひまかけて育てたにもかかわらず、

・収穫間際に枯れちゃった(涙)

・栽培途中に枯れてしまった(涙)

では悲しすぎますよね。

家庭菜園をされている方も農家も、野菜を育てている時の気持ちは同じです。

せっかく植えたなら、収穫までたどりつきたいですよね!

耐病性の表示がわからなくても大丈夫

ピーマンの苗の説明書きを見た際に、

【PMMoV L3型耐病性あり】

などと書かれている場合があります。説明書きをみても「^^;???」となるかもしれませんが、その場合は、難しいことは考えずに、「へぇー、なにかの病気に耐病性があるんだなぁ」程度に考えていただいて大丈夫です笑

耐病性の無い苗よりも、耐病性のある苗の方がより高確率に簡単に収穫までたどり着くことができます。

病気の勉強をするのではなく、より確実に収穫までたどり着く苗を選ぶことが最大の目的ですので、病気の勉強・理解はここでは飛ばします。

病気に強い=収穫できる可能性が高い

病気に強いということは、栽培期間中に病気にかかって途中で枯れてしまうリスクを回避できるということです。すなわち家庭菜園初心者さんでも収穫できる可能性がグッと高まります。

農家は野菜栽培を生業としているので、より確実に収穫できるようにほとんどのプロ農家は耐病性の品種のピーマンを選択し栽培しています。

耐病性の苗は高いのか!?

基本的には、耐病性のある苗の方が値段は高いです。

普通の苗(耐病性なし)は、数十円~100円程度ですが、耐病性ありの苗は200~300円程度の場合が多いです。

価格は2倍~3倍になりますが、数株買う程度でしたら、ぜひ耐病性ありの苗をオススメします。

「数百円だが安い方を買ってしまい、病気になって収穫までたどり着けなかった・・・T T」

という家庭菜園をされている方を何人も見てきました。

100円で手間ひま掛けて収穫0になるリスクを取るよりも、200円の耐病性の苗を購入し、収穫する喜びを味わったほうが私はお得だと思います^^

※耐病性の苗を購入しても、耐病性の種類によってはほかの種類の病気にかかってしまうことがあります。

 

苗選びの基本

苗をよく観察しよう

それでは、上記を参考にし、品種を選んだら、次はその品種の中でどの苗を購入し持って帰るかを選びましょう!

ホームセンターに並んでいる苗はすべて同じように見えますが、よーーく見てみると

元気そうな苗・ひょろっとした苗・ガッシリとした苗・葉の色が薄い苗、花が咲いている苗などなど、微妙に雰囲気に違いがあります。

どんな雰囲気の苗がいいの?

一番オススメなのは、「元気な苗です!!(元気な声)」

「元気な苗!って言われてもよくわからないよ・・・」という声が聞こえてきそうです^^;

はい、すいません。もう少しわかりやすく説明します。

ガッシリとした元気な苗がおすすめですが、ガッシリとした元気な苗とは、

・葉と葉の間が長くない(ヒョロっとしていない)

・苗の時点では、支柱がなくても直立できるくらいガッシリとしている

・下の方の葉が黄色くなっていない

・双葉がまだついている

・実がついていない(ポットの中で老化がはじまっています)

・根が白色

これが元気な苗の特徴です!

苗選びに迷ったら

上記の【元気でガッシリとした苗】を選べる自信が無い方は、店員さんに聞いてみましょう!

その際は、どのような店員さんに聞いたほうがいいかというと、オススメは「元気のいい店員さんです!」

・・・はい、すいません。少しふざけました笑

ホームセンターの園芸コーナーにいる店員さんや、種苗屋さんの店員さんは野菜に詳しい方が多いので気軽に声をかけてみてください。

「苗を購入したいのですが、どれも同じに見えてしまって^^;元気そうな苗を選んでくださいませんか?」と尋ねれば、きっと笑顔で選んでくださいます!

 

まとめ

・耐病性の苗のほうが栽培は簡単。

・収穫できる喜びを味わいたいならば、耐病性の苗の方がオススメ。

・品種を決めたら、元気でガッシリとした苗を選ぶ。

・苗選びで迷ったら、店員さんに聞いてみる。

以上が、私がオススメするピーマンの苗選びの基本とコツとなります。

ぜひ、良い苗を選んで栽培して、家庭菜園の楽しさや収穫の喜びを味わってくださいね^^

補足

種苗メーカーである【タキイ種苗】や【サカタのタネ】の品種の苗はほとんどが耐病性の苗となっています。購入の際にメーカーも参考にされてみてくださいね。

コメント